身長別 小径車試乗インプレッション(2021)Part.2

※『折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ2021』(2021年3月発売)より抜粋
2022版は3月31日発売予定です!

定番の折りたたみ自転車から、人と差がつくコアなスモールバイクまで。2021 年モデルのバラエティー豊かな8モデルを一堂に集めました!身長だけでなく、乗り方やライフスタイルの志向も自転車選びの大切なポイントです。タイプの異なる3人のライダーのインプレッションを愛車決定の参考にしてみてください。

BRUNO VENTURA BLACK EDITION

ブルーノ ベンチュラ ブラックエディション

肝はブレーキレバー、体に合わせてカスタムを
細身のクロモリフレームをブラックでまとめた、ブルーノらしいオシャレなデザイン。幅広のハンドルバーには、フラット部分を握ったままでも操作しやすいギドネットレバーを採用した。150cm 台ではブラケットを持つと遠く感じる。小柄な人はハンドルまわりのカスタムがカギになりそうだ。高身長の人ではサドルが後ろにある分、広々とした乗車姿勢に。

重量:10.2kg
フレーム素材:クロモリ
タイヤインチ:20×1.25
タイヤ幅(実測値):30mm
タイヤ銘柄:KENDA K-WEST
変速:2×8
フロント歯数:42/52T
リア歯数:11-30T
ブレーキ種類:カンチ
ハンドル幅:470mm
クランク長:170mm
F/Rディレイラー:SHIMANO CLARIS
ホイールベース(実測値):1000mm

価格:14万2780円(税込)
問:ダイアテック
https://brunobike.jp/

 

試乗したのはこちらの3人

サイクルハウスしぶや 高橋 航さん

身長:181cm
股下:84cm
腕の長さ:74cm

東京・葛飾区にある小径車専門店のスタッフ。スケートボードやBMXにも親しむ穏やかなストリート系。コロナ禍のリラックス法はYouTube番組「ザ・きんにくTV」を見ながら
のストレッチとのこと。

編集 トライジェットさん

身長:173cm
股下:80cm
腕の長さ:72cm

姉妹誌『自転車日和』&『MTB日和』では車体のほか、周辺アイテムのインプレッションも担当。コロナ禍、メインの通勤号を700Cのクロスバイクから16インチの小径車にチェンジ。おじいさん化が加速中。

石井 美穂さん

身長:153.5cm
股下:72cm
腕の長さ:64cm

車種問わず乗りこなすベテランだが、小柄な人や初心者にも寄り添うレビューは初心者も参考になるはず。最近はコロナ禍で時間の余裕が生まれ、横浜市で週末のみのカレーショップをオープンした。

 

乗車ポジションチェック

全員無理なくまたがれているが、小柄な人の手ではギドネットレバーのブレーキが遠く感じる。180cm 台ではハンドルもやや近く、シートポストを最長まで出しても「もう少しほしい」という感覚。

 

IMPRESSION

大:サイクルハウスしぶや 高橋 航さん

ミキストフレームから伸びる細身のステムとシートポストの影響か、欲を出して加速しようと強めにペダルを回すと、車体自体が横方向にしなって力が逃げる印象を受けました。でもその「柔らかさ」が、低速走行時には路面振動を吸収し快適な走行感を生み出します。私の体格ではゆとりのある自然な前傾姿勢が取れました。ロングツーリングを想定したコンセプトのままに、景色を楽しみながらのマイペースなサイクリングにマッチするバイクだと感じます。

中:編集 トライジェット

デビュー当時の同モデルと比べて、さらにやさしい乗り味へと進化しています。シートアングルが寝ているため、当方の身長だとサドルが後方に移動し、ブラケット部分を握ると身体がくの字を描く姿勢になりますが、あまり攻めの姿勢で乗るモデルではありません。フレームの弾力を活かし、上ハンドルを握ってリズミカルにペダルを回す乗り方が正解では? ギドネットレバーの調整や交換が前提ですが、小柄&体重が軽めの人にマッチしそうです。

小:石井美穂さん

日頃はロードバイクに乗っているので、ブラケット部分を持ちたくなるのですが、そうするとなんとブレーキレバーに指がかからない。手首を巻き込めば握ることはできますが、とっさの動きを考えると不安が残ります。細すぎないタイヤは好感が持てるし、サドルも快適。フレームのしなやかさと相まって、乗り心地がとてもいいのです。街の風景を素敵に彩る1 台だと思うので、体格も心も、余裕ある走りを志向する人にスマートに乗ってほしいです。

文:鈴木絢子 写真:奥村純一、村瀬達矢

-レビュー, 小径車
-

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD