オリンピックXCO代表候補 それぞれの闘い【今井美穂】

東京オリンピックまで2カ月あまり(取材時)となっても新型コロナウイルスの脅威は収まる気配がない。そんな中、粛々と“最後の舞台”への準備を進めるマウンテンバイク代表候補の今井美穂に心境を語ってもらった。

「知らない」ことも力に変える意志

ヨーロッパに旅立った山本幸平と対照的に、もうひとりの代表内定選手である今井美穂は、4月から岐阜県にある御嶽濁河高地トレーニングセンターでひとり、強化合宿に入っていた。

標高1700mの地で、持久力向上や疲労遅延に効果があると言われる高地トレーニングを行なった後、クップ・ドュ・ジャポンやわたはま国際をオリンピックに見立てて出場。最終調整の予定だったというが、大会延期を受けて「この後、下に降りてレースを走り、もう一度こちらで調整という計画でしたけど、練り直しです」

濁河高地TCでは「食事からコンディショニングまで整った環境で、毎日充実した時間を過ごせています」

歴代のオリンピック代表と比べ、今井のキャリアは異質だ。

高校から始めた陸上七種競技では、大学4年時にインカレ*出場を果たした後、教職に就き、通勤用に購入したバイクでシクロクロスに出場したところ、その面白さにのめり込み、わずか2年で全日本選手権で優勝。

そこから夏のトレーニングにと始めたマウンテンバイクでもまたたく間にトップランカーと、目標に向かって最短距離で突き進んできたように見える。

「陸上競技で得た経験や運動能力が下地を作っているとは思いますが、自転車競技はゼロからのスタートだったので、周りの助けがあったから今があると思います。オリンピックにMTB種目があり、出られるかもしれないと思ったとき『自分以外が出るのはイヤだ。悔しい』と、どうしたらいいかを考えて実行してきました」

「勝つために走った」昨年2月のアジア選手権は5位。その悔しさも今に至る財産となっているはず。
photo by Ueda Hisanori

2019年まで国際MTBレースの経験がなかった今井は、選考期間に短期の海外遠征を繰り返した。

「仕事的に長期遠征は難しいので、1レース行ってはすぐ帰国を繰り返してUCIポイントを取ってきました。プレ五輪レースも、直後にギリシャで走る予定だったので、とにかく人もバイクも壊れないようにって(笑)」

この努力が実を結び、UCI個人ランキング最上位に躍り出た今井は「五輪コースを走り切るために必要なスキル。特に下りですが、シーズンが終わってから、清水一輝選手にコーチを依頼しました。またSトレイルに足を運んで、ローカルの皆さんにも教えてもらいました」と、積極的にスキルアップにも取り組んだ。

「ワールドカップで走ったことがない自分にとって、仕上がりなど比較材料がない不安はありますが、ここまできたら知らないまま、真っ白な状態でぶつかるしかないですね。オリンピックが終わったとき、どういう心境になっているのかはわかりませんが、ここまで自分がやってきたことや内容を、次の人達に伝えていきたいとは思います」

※日本学生陸上競技対校選手権

昨年の全日本選手権では、子どもたちの声援を受けながら快走。現在は小学4年生を受け持っているが、夏までは競技優先。子ども達も「今井先生」の走る姿を楽しみにしているという。

海外のトップレーサーをして「難しい」といわしめる今回の五輪コース。「観た人が何かを感じてくれる走り」が今井の目標だ。

今井美穂

CO2bicycle所属
群馬県富岡市出身
高校~大学の7年間、陸上の七種競技に出場。卒業後、通勤用に購入したバイクでシクロクロスに参戦。2017、20年と全日本選手権で優勝。2017年からMTBレースに本格参戦。2018~20年XCO全日本チャンピオンを獲得。2020年海外のUCIレースにも出場してポイントを獲得。群馬県からの東京オリンピック代表内定第1号となった。

写真と文:鈴木英之
取材協力:御嶽濁河高地トレーニングセンター、ATHELETEBANK

『MTB日和』vol.46(2021年5月発売)より抜粋

-MTB, インフォメーション

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD