サンタクルズ展示会にて、新型5010をチェック。トレイルバイクのホイールサイズはやっぱり27.5?

クロスカントリーのみならず、エンデューロ、ダウンヒルといったグラビティ系のモデルに至るまで、ホイールの29インチ化が進む世界のMTBシーン。

10年前は26インチ、数年前まで27.5インチを主流としてきたMTBのホイールサイズが、なぜここまで急激に29インチ化されたのか? 

理由は極めてシンプル、〈29インチでないと勝てないから〉。

では、競技が前提ではなかったら?サンタクルズが導き出した回答は、ニュー5010にありました。

〈速さ〉ではなく〈楽しさ〉を追求した結果、装備するホイールのサイズは27.5に。

さらにリアセンター長を車体のサイズごとにミリ単位で刻む緻密な設計etc。

競技モデルのみならず、トレイルライド向けのMTB開発に対しても妥協なき情熱を注ぐサンタクルズのこの選択が、29インチ化に焦点を絞ったと思われる他メーカーが示すベクトルに今後、どのような影響をもたらすのか? 

〈29インチこそ最良〉神話に一石を投じる5010の登場、我々マウンテンバイカーにとっても無視できない存在になりそうです。

-MTB, 雑記

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD