最新テクノロジーで進化したSCOTTの新型SPARKシリーズが登場!

近年、激しいコースレイアウトが採用されるようになったXCレース、よりハードなトレイルライドに対応すべく、SCOTT(スコット)はSPARK RCとSPARKに対してフルモデルチェンジを敢行。リアサスペンションをフレームに内装化する、革新的なテクノロジーを採用した。

リアサスペンションを内装化することで、泥や埃からユニットを守り、常に安定した作動性を確保。さらなる低重心化による路面の追従性向上を狙った。また、サスペンショントラベルはSPARK RCが100mmから120mmへ、SPARKは120mmから130mmへとロングトラベル化、BBまわりを強化することにより、グラビティシーンでの走破性も兼ね備えた。

新しいSPARKのサスペンションレイアウトは非常にユニークで、ばね下重量が非常に軽く設計されているのが特徴だ。ユニットはトラニオンマウント式にてシートステイ内に配置されたピボットに固定。マウント部がフレームの一部であるかのような高い剛性を確保している。ストローク時に軽快な作動を促せると共に、サスペンションユニット自体の動きも最小限に抑えることで、力の逃げが無く効率的な衝撃吸収を実現した。

シートチューブに接続されるピボット部にも大径のベアリングを採用し、剛性を確保しつつ余計なリンク部のブレや力の逃げも抑えている。BB側へマウント位置を最大限に下げることで、これ以上無いレベルでの低重心化を実現。バイクコントロールにおいて、驚くべき効果をライダーにもたらす設定に。ギャップを乗り越える際のトラクションや、コーナリング導入へのバイクの倒し込みや切り返しのスムーズさ、加速性能等、あらゆる面でのプラスを体感し、パフォーマンスの向上に役立てることができる。

気がかりなサスペンションユニットへのアクセスも抜群だ。ダウンチューブBB側のハッチを設けることで、リアユニットの調整が可能となる仕組みだ。SCOTT独自の前後同時サスペンションセッティング可変システム「TWINLOC」のケーブルメンテナンス等も簡単におこなえる。

新しいSPARKには、更に進化した新型のFRASER IC COMBOハンドルが搭載されている(上位グレードのみ)。昨今のロードバイクのように、ケーブル類を纏めてハンドル中央部分よりインターナル化できるため、ハンドルを曲げた際の引っ掛かりも排除され、泥や砂等の侵入も防げるように。ヘッドアングル調整の際は、ハンドルバーやブレーキホース等を組み替えずに作業がおこなえる。

カーボンモデルと全く同様の機能を持つアルミモデルも用意された新型SPARK。日本国内でのラインアップや価格、発売開始時期は未定だが、さまざまな最新テクノロジーが採用された本モデルに注目が集まることは必至だ。

サグ出しの方法も特徴的だ。ユニットが目視できないため、リンクピボット部分にサグインジケーターが用意。簡単な作業によって、ライダーの体重に合ったスムーズなサスペンションの動作を得ることができる。

ヘッド部分のパーツを前後入れ替えることにより、ヘッドアングルを変更できる。より長いトレイル指向のフォークに換装したり、好みに応じたセッティングが可能に。

SCOTT独自のサスペンション制御システム「TWINLOC SYSTEM」は継続して採用。「クライムモード(ロックアウト)」 「トレイルモード」 「ディセンドモード」を手元で操作できる。本モデルではドロッパーシートポストのコントロールレバーも追加され、ひとつクランプにて3本のレバーが一体化されている。

これまでと同様、先端をT25、奥の部分をT30としたアクスルツールも採用。ピボット部分等の殆どの部分に対応するユニークで便利なツールだ。

ニューモデルの詳細はこちら
https://www.scott-japan.com/publics/index/1041/

問:スコットジャパン
https://www.scott-japan.com/

- プロダクト, MTB
-

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD