BESVから新型Eバイクが2モデル登場! 6月19日より発売開始

Eバイク専門のプレミアムブランドとして注目されるBESV(ベスビー)。都市部で多く見かけるPS1やPSA1などの小径モデル、700Cサイズの足まわりが与えられたフルスケールのJシリーズを筆頭とした、独自の設計思想とデザイン性を併せ持つEバイクをそろえることで、新たなスポーツバイクファン層を開拓してきた。そのBESVから新たに2機種のニューモデルが堂々デビュー。マニアをも唸らせる隙のないラインアップにより、さらなる攻勢を掛ける。

グラベルEロードバイク「JG1」(ジェイジーワン)

流行に敏感なマニアの琴線に触れるグラベルEロードバイクとして登場したJG1は、バッテリーをダウンチューブに内蔵するJシリーズの機構を継承しつつ、グラベル走行を前提としたジオメトリで再設計されたモデルだ。軽量化と振動吸収性を高めるために、フロントフォークやシートポストに軽量カーボン素材を採用。コンポーネントはSHIMANO GRXシリーズを搭載し、11速+油圧ディスクに加え、タイヤはエアボリュームに優れたマキシスの700×38Cサイズを装着。

また、バイクコントロールのしやすいフレアドロップハンドルには、小型のHMIフルカラー液晶ディスプレイをセット。高い視認性で各種パラメーターを正確に表示する。デュアルアシストコントロールスイッチは、整備性を考慮したディスプレイ分離ケーブルコネクト式の新設計に変更された。

カラーは落ち着きのあるオリーブドラブ。サイズは2サイズ展開で重量はSサイズが15.8kg、Mサイズで15.9kgと極めて高い軽量性を実現している。バッテリー容量は36V×7.0Ahの252wh。オプションで専用バッテリーケースと追加バッテリーを装着することで、プラスたったの1.65kgで504whへと拡張が可能となった。

純正オプションとして、前後フェンダーやリアキャリア、センタースタンドなど、ユーティリティを高めるアイテムも多数用意。コンフォートなライドはもちろん、グラベルからアドベンチャーライドまで、幅広く対応する懐の深いスポーツEバイクに仕立てられている。

価格:36万3000円(税込)
サイズ:Sサイズ=全長1730×全幅510×全高1040、Mサイズ=全長1740×全幅510×全高1065
重量:Sサイズ=15.8kg/ Mサイズ=15.9kg
カラー:オリーブドラブ
フレーム:アルミ
フォーク&シートポスト:カーボン
変速:1×11S
コンポーネント:SHIMANO GRX
タイヤサイズ:700×38C
バッテリー:36V/7.0Ah(252Wh)

シティモデル「CF1 LINO」(シーエフワンリノ)

あえてバッテリーを外さないことで、スリムなボディと強度を両立したアーバンスタイルのEバイク。ディスプレイを擁さずボタンひとつで電源ON、バッテリー残量はLEDのカラー表示で識別する。さらにアシストモードもLEDランプのみで表示する極めてシンプルなシステムが採用された。

装備は26インチタイヤ&前後ディスクブレーキに加え、CF1シリーズで評判の高い可変式ハンドルステム、フレーム内蔵フロントライト、前後フェンダー、リアキャリア、テールランプ(ブレーキランプ)、サークル錠、キックスタンドを標準でセット。デイリーユースをサポートする贅沢な仕様をした。

価格:23万9800円(税込)
重量:22.5kg
カラー:グラファイトグレー
フレーム:アルミ
変速:1×10S
コンポーネント:SHIMANO DEORE
タイヤサイズ:26×2.0
バッテリー:36V/10.5Ah(378Wh)※フレーム内蔵

※このモデルは、バッテリーがフレーム内に一体化している為、ユーザーによるバッテリーの取り外しはできません。
※ガレージや駐輪場での充電、ポータブルバッテリーの使用など、自転車本体への直接充電でのご利用を想定しています。
※将来のバッテリー交換は、販売店で行うことが可能です。

 
問:BESV JAPAN
https://besv.jp

-OTHER, プロダクト
-

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD