『自転車日和』vol.61発売! 気軽に旅をしたくなる、折りたたみ自転車での輪行を特集

Contents

【特集】

気軽に遠出&サイクリングを満喫できる究極の自転車
折輪行

自転車を分解(折りたたみ)して専用の袋に収納することで、列車や飛行機などの公共交通機関に持ち込んで運ぶことができる「輪行(りんこう)」。折りたたみ自転車は、他の自転車と比べてより気軽に輪行することができるため、旅先での機動力が格段に向上します。本特集では折りたたみ自転車での輪行にスポットを当て、マナーやテクニック、人それぞれの輪行スタイルを紹介。折りたたみ自転車を所有している人に役立つだけでなく、旅の可能性を広げてくれる「折りたたみ自転車」に興味がわくこと間違いなしの内容です。

折りたたみ自転車と一緒に鉄分補給へGO
〜糸魚川 to 直江津〜
久比岐自転車道ぜいたく輪行旅

輪行すれば、離れた場所へも鉄道や飛行機でひとっ飛び。その一例として、新幹線で都内から新潟県は糸魚川市まで一気に移動し、最高の日帰りサイクリングを満喫。日本海の雄大な景色を横目に、鉄道好きなら一度は走ってみたい、唯一無二の自転車道をご紹介します。

お手軽アウトドアを満喫!
自転車+昼寝

サイクリングに出かけた先でなにをしよう? 自転車遊びに決まりなんてありません。出かけた先でなにもしないという楽しみ方があってもいいのかも? 今回は、「自転車+昼寝」を提案。昼寝道具のマットやコットの使用レビューも見応えありです。

石井正則のスローなミニにしてくれ

俳優石井正則さんの超ゆるーい連載。石井さんより、「自転車日和ならではの喫茶店巡りにご案内します」とのお誘いを受けた編集部。はたして、「自転車日和ならでは」とはどんなサイクリングなのでしょうか。

編集部が注目する話題の3台をピックアップ
いま気になる小径eバイクインプレッション

最新のスペックとフォルムをまとって、続々と登場する新型の電動アシスト小径自転車(eバイク)。編集部が注目する3 台をピックアップし、各部のディテールから乗り味まで、徹底的に検証します。

注目されるスポーツバイクの新しいカタチ。
グラベルなくてもアドベンチャー

近年注目を集めているジャンルではあるものの、その名称のせいかハードルが高いと思われがちな「グラベル(砂利道)」系自転車。グラベルバイクはグラベルを走らなくては意味がない……というわけではもちろんありません。楽しみ方は自由自在、その魅力をさまざまな角度から検証します。

どうにかなるさウイークエンド
自転車ひとり旅の教科書 〜ツーリング実践編〜

モデルとして活躍する自転車旅の達人、山下晃和さんとともにツーリングへ! 自転車旅で遭遇するさまざまな場面を例にあげ、旅を安全に楽しむためのポイントを紹介します。

 

『自転車日和』vol.61
定価:1,320円(本体1,200円+税)
Amazonで購入

-OTHER, インフォメーション

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD