ライバルは存在しない唯一無二の1台 フォールディングバイク ONE AND ONLY

折りたたむことで省スペース化できるフォールディングバイクは自転車の中でも特別な存在。今回はそんなフォールディングバイクの中でも、 独自のコンセプトが際立つレアなモデルピックアップしてみました。 細かくチェックしていくことで、その真価が見えてくる?

5LINKS 700c MUSASHI/R

ロードバイクの走行性能に
輪行に便利な機能をプラス

スポーツタイプの折りたたみ車は20インチ以下の小径モデルが一般的。

中には26インチや24インチのフォールディングバイクをラインアッ プしているメーカーも存在するが、それでも選べるモデルは極々限られている。

ましてや700Cサイズのロードバイクともなると、日本国内で正規に取り扱われている車種は皆無。

仮にそれらしき姿のモデルを見つけたとしても、走行性能面でロードバイクには遠く及ばないルック車だったり 。

そんな現状を打破すべく登場した本格フォールディングロード、それがこのファイブリンクスの700C武蔵Rだ。

専用部品の占める割合が高い小径折りたたみ車とは異なり、本モデルではロードバイク系パーツとの互換性を考慮。

コンパクトな折りたたみ形態を実現するデザインとともに、画期的なホイールハブシステムまで開発された。 完成車はもちろん、フレーム&フォークキットとしても購入可能だ。

ひと度走り出せばフォールディングバイクであることを忘れてしまうほどの剛性感。走行性能面にも一切妥協はない。

 

独自開発のステムエクステンションにより工具を使わずハンドルを縦方向 に回転させることができる(ニットーUI-21BXに対応)。

オリジナルのホイールにはスルーアクスル を採用。輪行時はシャフトをエンドの保護ツールとして使用できる仕組みに。

 

折りたたみサイズ:W780mm×H700mm×D440mm(構成するパーツで異なる)

独自のハブシステムを採用した専用ホイールを使用すれば、チェーンで手を汚すことなく、コンパクトな輪行形態にまとめるられる。
 
折りたたみ手順

ステムエクステンションの安全ピンを外し てクイックレバーを開く。

ハンドルを上方向へ回しながら反転させ、車体の天地をひっくり返す。

リアアクスルを緩めて引き抜けば、チェーンに触らずホイールが外せる。

シートステイ上部のクイックシャフトを引き抜いてフレームをたたむ。

サイズ:500、530mm
フレーム素材:アルミ
タイヤサイズ:700×25C
変速:2×11speed
重量:7.9kg
カラー:アルマイト単色(梨地仕上げ及びロゴ艶浮文字:7色)、
セラコート塗装(素地1色ロゴ1色、2色オーダー90色)完成車参考価格:36万円~(税別)
※価格は使用パーツによって異なります
(写真のシマノ・デュラエース仕様は59万円~)。

問:ファイブリンクス
http://5links.jp/
 
写真:村瀬達矢 文:トライジェット
『自転車日和』vol.55(2020年4月発売)より抜粋

-プロダクト, ロードバイク

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD