身長別 小径車試乗インプレッション(2021)Part.4

※『折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ2021』(2021年3月発売)より抜粋
2022版は3月31日発売予定です!

定番の折りたたみ自転車から、人と差がつくコアなスモールバイクまで。2021 年モデルのバラエティー豊かな8モデルを一堂に集めました!身長だけでなく、乗り方やライフスタイルの志向も自転車選びの大切なポイントです。タイプの異なる3人のライダーのインプレッションを愛車決定の参考にしてみてください。

 

CYCLE HEART SPARTAN PASTEL

サイクルハート スパルタンパステル

的確なフィッティングでこそ引き出せる高速性!

ロングライドもヒルクライムもこなす、軽量なカーボンロードミニベロ。ワンサイズのフレームをパーツ構成によってライダーに合わせる方式だが、ロードスタイルであるため求められるポジションはシビア。体格に合ってこそ車体の性能が発揮される。ステムやハンドルだけでなく、手の小さい人はデュアルコントロールレバーのリーチも調整するといいだろう。

 

重量:7.8kg(ペダル含まず)
フレーム素材:カーボン
タイヤインチ:20×1.25
タイヤ幅(実測値):22.8mm
タイヤ銘柄:KENDA Kontender HP
変速:2×10
フロント歯数:52/39T
リア歯数:11-25T
ブレーキ種類:キャリパー
ハンドル幅:465mm
クランク長:170mm
F/Rディレイラー:SHIMANO TIAGRA
ホイールベース(実測値):990mm

価格:22 万5500 円(税込)
問:サイクルハート https://www.cycleheart.jp/

 

試乗したのはこちらの3人

サイクルハウスしぶや 高橋 航さん

身長:181cm
股下:84cm
腕の長さ:74cm

東京・葛飾区にある小径車専門店のスタッフ。スケートボードやBMXにも親しむ穏やかなストリート系。コロナ禍のリラックス法はYouTube番組「ザ・きんにくTV」を見ながら
のストレッチとのこと。

編集 トライジェットさん

身長:173cm
股下:80cm
腕の長さ:72cm

姉妹誌『自転車日和』&『MTB日和』では車体のほか、周辺アイテムのインプレッションも担当。コロナ禍、メインの通勤号を700Cのクロスバイクから16インチの小径車にチェンジ。おじいさん化が加速中。

石井 美穂さん

身長:153.5cm
股下:72cm
腕の長さ:64cm

車種問わず乗りこなすベテランだが、小柄な人や初心者にも寄り添うレビューは初心者も参考になるはず。最近はコロナ禍で時間の余裕が生まれ、横浜市で週末のみのカレーショップをオープンした。

 

乗車ポジションチェック

カーボンフレームはワンサイズ。シビアなポジションを求められるロードタイプのため、個人に合わせたパーツ構成で150 〜187cmの適応身長を叶えている。153cmではとくに戦闘的な前傾姿勢に。

 

IMPRESSION

大:サイクルハウスしぶや 高橋 航さん

加速感が何より気持ちいい1台でした。軽量で硬質なカーボンフレームが、ペダリングの力を逃がさず推進力に変えてくれます。ペダルを踏み込むとダイレクトに車体が反応し、バイクとの一体感が味わえました。体格の大きい人は、軽さより剛性のあるステムがオススメです。明確に「走り」を追求するモデルのため、あとから味付けを変えることは難しいかもしれません。自分の理想とするバイクシーンにマッチしたら、きっと最高の相棒になりますよ。

中:編集 トライジェット

軽快さが際立ったモデルです。ステム長とシートポストの突出量で複数サイズに対応していますが、Mサイズを基準とした設計なのでは? 普段乗っているフルサイズのロードバイクと比べても違和感がなく、いい意味でミニベロであることを意識させない、スポーツバイクらしい安心感を得られるモデルでした。乗り手の身体に伝わる微振動を緩和してくれるカーボンフレームならではの特性も体感。ロングライドでも疲れ知らずの走りを満喫できそう。

小:石井美穂さん

キビキビした走りは軽く、スポーティーかつクイックなハンドリング。ゆったり乗るというよりは緊張と集中を以て乗る、という感じのバイクです。700Cではホリゾンタルをあきらめていた体格の人も、これなら夢が叶いますね。調整次第なのかグレードの特性なのか、STIのレバーの引きが渋く、ブラケット位置からのブレーキングだと全集中……の操作感だったことが気になりました。女性の握力ならなおさら、シマノ・105に換装したいですね。

文:鈴木絢子 写真:奥村純一、村瀬達矢

-レビュー, 小径車
-

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD