身長別 小径車試乗インプレッション(2021)Part.5

※『折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ2021』(2021年3月発売)より抜粋
2022版は3月31日発売予定です!

定番の折りたたみ自転車から、人と差がつくコアなスモールバイクまで。2021 年モデルのバラエティー豊かな8モデルを一堂に集めました!身長だけでなく、乗り方やライフスタイルの志向も自転車選びの大切なポイントです。タイプの異なる3人

Manhattan MP-451AD

マンハッタン MP-451AD

用途もサイズも、来るもの拒まぬミニベロクロス
一見するとオーソドックスなデイリーバイクだが、輪行や積載にもしっかり対応する拡張性を備えている。適応身長の目安は150 〜175cmとされており、高身長の人の場合、やはりやや重心が高くなる印象を受けるようだ。だがアップライトなポジションや高いコストパフォーマンスなど、親しみやすいエントリーモデルとして全員から高評価を得た。

 

重量:10.2kg(ペダル含まず)
フレーム素材:アルミ
タイヤインチ:20×1.25
タイヤ幅(実測値):33mm
タイヤ銘柄:MAXXIS torch
変速:1×8
フロント歯数:52T
リア歯数:11-30T
ブレーキ種類:ディスク
ハンドル幅:520mm
クランク長:170mm
F/Rディレイラー:SHIMANO ALTUS
ホイールベース(実測値):980mm

価格:7万4800円(税込)
問:ケイ・エイチ・エス・ジャパン
http://www.khsjapan.com/

 

試乗したのはこちらの3人

サイクルハウスしぶや 高橋 航さん

身長:181cm
股下:84cm
腕の長さ:74cm

東京・葛飾区にある小径車専門店のスタッフ。スケートボードやBMXにも親しむ穏やかなストリート系。コロナ禍のリラックス法はYouTube番組「ザ・きんにくTV」を見ながら
のストレッチとのこと。

編集 トライジェットさん

身長:173cm
股下:80cm
腕の長さ:72cm

姉妹誌『自転車日和』&『MTB日和』では車体のほか、周辺アイテムのインプレッションも担当。コロナ禍、メインの通勤号を700Cのクロスバイクから16インチの小径車にチェンジ。おじいさん化が加速中。

石井 美穂さん

身長:153.5cm
股下:72cm
腕の長さ:64cm

車種問わず乗りこなすベテランだが、小柄な人や初心者にも寄り添うレビューは初心者も参考になるはず。最近はコロナ禍で時間の余裕が生まれ、横浜市で週末のみのカレーショップをオープンした。

 

乗車ポジションチェック

全員が背中を伸ばして気軽に乗れるサイズ感。適応身長は150〜175cmが目安だが、180cm台でもシートポストが足りない印象はない。よりスポーティーに乗りたいならハンドルを少し下げるという選択肢も。

 

IMPRESSION

大:サイクルハウスしぶや 高橋 航さん

くせがない、必要にして十分な要素の詰まった優等生。「具体的な目的はないけど興味がある」、そんな人にオススメする「初めてのミニベロ」として間違いのない1台です。アップライトな乗車姿勢で視界は良好。ただし重心が高くなりがちなので、制動力の高いディスクブレーキでの急停車には要注意。車体も比較的お手頃ですし、ディスクブレーキはリムブレーキよりもホイール交換の頻度を抑えられます。長期的に見ても費用対効果の高い車種です。

中:編集 トライジェット

価格と走りのベストパッケージを狙ったカジュアルなスポーツ小径車です。アイポイントの高いフレンドリーな乗車姿勢のおかげで、中低速域のクルージングがとにかく気持ちいい。非折りたたみモデルならではの剛性感、安定した制動力が得られるディスクブレーキで、シティライドにおける安全面もサポートしてくれます。はじめてのスポーツ小径車に、マニアの身近なセカンドバイクに。すべての自転車趣味人にオススメできるイチオシのモデルです。

小:石井美穂さん

アップライトな乗車姿勢の割によく走るなぁ、という印象で、好感度は高かったです。安定感のある走り、クイックすぎないハンドリング。空気圧を変えたりハンドル位置を下げたり、乗り心地の調整も気軽にきそう。スポーツに寄りすぎていないサドルも嬉しいですね。カゴなどがつけられるダボも見逃しませんでしたよ! これはよい。取り回しもしやすく、気持ちよく乗っていけるので、日常からちょっとしたサイクリングまで幅広く楽しみたい方に。

文:鈴木絢子 写真:奥村純一、村瀬達矢

-レビュー, 小径車
-

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD