身長別 小径車試乗インプレッション(2020)Part.2

「タイヤが小さい」という共通点のみでカテゴライズされる「小径車」。速さを追求するロードバイク、未舗装路に特化したマウンテンバイクなどと違い、その用途はモデルによって実にさまざまです。そこで、タイプの異なる3人のライダーが実際に試乗。体格や志向の違いも、愛車選びの参考になるはずです。

BRUNO MINIVELO TOOL

ブルーノ ミニベロ ツール

デコボコ道も怖くない、最強デイリーバイク

リアキャリア付きのアルミフレームに、太めのタイヤとダブルレッグスタンドをセット。荷物が多くてもぐらつかず、砂利道や段差も気にせず走れるスペックがウリだ。

ヘビーデューティーな仕様ながら、街にも溶け込む優しいカラーリングがブルーノらしい。グリップシフトの7段変速で、普段使いはもちろん、休日のサイクリングなどにも適している。

フレーム素材:アルミ
タイヤサイズ:20×2.125
変速:1×7speed
フロント歯数:46T
リア歯数:12-32T
ホイールベース(実測値):1165mm
重量:12.8kg

価格:7万8800円(税別)
問:ダイアテック
https://brunobike.jp/
 

試乗したのはこちらの3人

グリーンサイクルステーション Say-Gさん

身長:182cm
股下:87cm
腕の長さ:76cm

公私ともにミニベロに親しむ、神奈川県横浜市にある小径車専門店の店長。プロならではの視点で各車をチェックする。最近ハマっているものは自重トレーニングとコンビニのサラダチキン。
 

編集 トライジェットさん

身長:173cm
股下:80cm
腕の長さ:72cm

姉妹誌『自転車日和』&『MTB日和』では車体のほか、周辺アイテムのインプレッションも担当。最近ハマっているのは「カーボンプレート入りシューズ」で、ランニング用もMTB用もすでに入手済み。
 

石井 美穂さん

身長:153.5cm
股下:72cm
腕の長さ:64cm

ロードバイクからMTBまで、身長に対して大きめのモデルも乗りこなす。自転車愛あふれるレビューは女性や小柄な人も必読! 最近ハマっているのはスパイスカレー作りと、新たに迎えた7歳の中年猫。
 

乗車ポジションチェック



自転車のスタイルも相まって、170cm台でも「低めが気持ちいい」と感じられる。小柄な人でも乗りやすい分、180cm台ではハンドルとの距離がかなり近い。ロングホイールベースで安定感は問題なし。

 

IMPRESSION

大:グリーンサイクルステーション Say-Gさん

ロングホイールベース、極太タイヤなど、安定感を重視した装備が特徴です。

アップライトな乗車姿勢、手の小さな方でも操作しやすいグリップシフトやソフトサドルのおかげで、街中での快適性もバッチリ。一般車にしか乗ったことがない方でも安心して乗りこなせると思います。

フレーム一体のリアキャリアは、荷物はもちろん、チャイルドシートもつけられそうなので、ママチャリからのステップアップにも最適です!

中:編集 トライジェット

従来のブルーノとは少々印象の異なる骨太なルックスですが、太めのタイヤを履いていることもあって快適性はピカイチです。

見た目こそ扱いづらそうなロングテール車の形をしていますが、思いのほか軽快かつイメージ通りに車体を取りまわすことができました。

上体を起こしたポジションでも、自然とこぎやすい姿勢に収まるから不思議。難しいことを考える必要がない、いい意味でルーズにつき合える小径車です。

小:石井美穂さん

小回りは得意ではないけれど、見た目を裏切らない安定感のある走り。小柄な人も自然に乗れて、立ちこぎも下り坂も不安を感じないと思います。

フロントはシングルギアですが、少し軽めの設定なので女性の脚力でも問題ありません。

日常生活はもちろん、リアキャリアを使いこなして楽しみたい。パニアバッグにコンパクトなピクニック道具を積んで、お散歩ライドの「ゆるキャン△」ごっことか(イメージです)!

文:鈴木絢子 写真:奥村純一、村瀬達矢
 
※『折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ2020』(2020年3月発売)より抜粋
2021版は3月31日発売です!

-レビュー, 小径車
-

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD