『MTB日和』的 STAFF REPORT 「MAVIC XA FLEX」

弊誌スタッフのやってみたこと、試したことの実録レポート。「MTB日和」ならではの、バラエティに富んだトピックでお届けします。お茶のおともにでもしていただければ幸いでございます。

【今回のメニュー】
  MAVIC XA FLEX

踏み込む力を逃がさない競技向けビンディングシューズのソールはカッチカチ。対して、歩きやすいサイクリングシューズのソールは柔軟性が重視されています。山で自転車を押し歩くシーンも多いMTB に乗るなら、果たしてどちらの性能を優先させるべきなのか?

オフロード走行を楽しむフラットペダル派はコレ

男子はつい自転車のカスタムパーツばかりに目を奪われがちですが、走りのクオリティを高めるアイテムはもっと身近なところにもあるんです。

たとえばシューズ。スポーツバイク用のシューズといえばビンディングシューズを思い浮かべる人が多いようですが、マウンテンバイカーの半数はフラットペダル利用者ですからね。

確かにペダリング効率を考えれば、足がペダルに固定されているメリットは大。

しかし、山道のトレッキングをはじめ、地面に足を着く場面が比較的多い一般のマウンテンバイカーにとって、フラットペダル&シューズのアドバンテージは計り知れません。

そこで今回、ご紹介させて頂くのがこちらのシューズ。

最近、当方の山遊び用シューズとして大活躍中のXAフレックスは、フラペシューズらしからぬダイレクトなペダリング感覚と歩きやすさを両立させた画期的なアイテム。

優れたペダリング効率を提供するだけでなく、自転車から降りて起伏のあるオフロードを歩く際にも快適性をキープしてくれます。

ペダルを踏み込むときはカッチリと、 歩くときにはスマートに曲がる不思議なソールの秘密は、内蔵されたCarbitex テクノロジーにアリ。

その秘密はソールに内蔵されたCarbitexテクノロジー搭載のカーボンプレートにあります。ペダルを踏み込むとき(下方向)にはしっかりと硬さを保ちつつ、歩行する際(上方向)には柔軟性を発揮する最新技術が採用されていて、このカーボンの板が相反する要素をひとつのシューズに集約してしまったのです。

そのほか、生地の縫い合わせをなくすことで軽量化を実現したシームレスボンディングアッパー、安全性を高めるトゥキャップなど、こだわりの高機能を凝縮。

ソフトでグリップ力のあるコンタグリップ+六角形のラバーをつま先とかかと部分に配置。


 
下り系マウンテンバイカーのみならず、ペダルを回している時間も大切にしたいフラペ派にも是非お試し頂きたい逸品です。
 

ペダリングロスのない入力&歩きやすさという相反する要素を見事に両立したこのアイテム。現況、フラットペダル用のシューズとしてこれに勝るアイテムはない!?

ちなみに装着感はややタイトなので、当方のような純日本人足の人はワンサイズ大きいものを選ばれるとよろしいかと。
 

MAVIC XA FLEX

価格:2万2000円(税別)
サイズ:24~29cm
重量:340g(27cm)
カラー:トータルエクリプス、 ブラック×マグネット

問:マヴィックジャパン
https://mavic.jp/
 

編集 トライジェット

MTBや小径車などを複数台所有する『MTB日和』&『自転車日和』編集スタッフ。「自転車はスポーツの道具ではなく移動道具」と割り切り、都内の路地や暗渠(あんきょ)散策を楽しむ自称ロジラー。

文:トライジェット 写真:村瀬達矢
『MTB日和』vol.42(2020年5月末発売)より抜粋

- レビュー, MTB

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD