【ショップオリジナルカスタム】KONA Rove Ti

月日を経ても色褪せないヘビーデューティーバイク

ロードバイクの流行で「人がいないところを走りたい」と感じたオーナーが、林道を走るために2013年から構想し、当時の理想を目指したグラベルバイク。ウルフトゥースやエンヴィなど好みのMTB系のパーツを流用しながら組み上げた1台は、結果的にオールマイティーな仕上がりに。舗装路から林道まで走り抜けるだけでなく、スノーライドやMTBパークでのダウンヒルまで大活躍。オーナーのチャレンジ精神が反映されたリアルアドベンチャーバイクとなっている。

フォークとリムはエンヴィ。ハブはゴキソ。舗装路ではオンロード用タイヤを使い、林道を走る際に現地でオフロード用タイヤに履き替えるというから驚きだ。

有償モニターとなったゴキソのプロトタイプBB。当時クランクとセット(ダブル仕様)だったものをシングルへ変更。

STIレバーでXTRのディレイラーを使用するためのパーツ(ウルフ トゥース・タンパン)をセットした。

Specifications
●フレーム:KONA Rove Ti 2015 26万4000円 ●ハンドル:ENVE COMP ACT ROAD BAR 4万2000円 ●ステム:ENVE STEMS 3万1500円 ●シフター:SHIMANO+Wolftooth ST-R9120+TANPAN 7万4000円(+$39.95) ●バーテープ:fi’zi:k Classic 2000円 ●サドル:fi’zi:k ARIONE KIUM 1万5000円 ●ピラー:ENVE SEAT POSTS 3万5700円 ●Rディレイラー: SHIMANO+Wolftooth RD-M9000-GS+Wolftooth Wolfcage Deraileur Cage  2万2000円(+$49.95) ●チェーン:SHIMANO DURA ACE 11S 5000円 ●クランク&チェーンリング:SUGINO Mighty Comp. Single+Wolftooth 40T 2万円 ●カセット: SHIMANO+Wolftooth CS-M8000 11-42T+Wolftooth GC49 9000円(+$89.95) ●Fフォーク:ENVE CROSS DISC FORK 6万 3000円 ●タイヤ:Panaracer FIRE CROSS 700×45C 6000円×2 ●リム:ENVE MTB XC 29 WO 10万5000円×2 ●ハブ: GOKISO Disc MTB:F28H/R32H 23万3100円 ●スポーク:SAPIM CX-Ray 3万円 ●ブレーキ:SHIMANO BR-R785 5500円× 2 ●ペダル:CRANK BROTHERS EGG BEATER 3 1万5000円 ●ヘッドパーツ:CHRIS KING Inset7 2万5000円 ●BB: GOKISO(有償モニター) 8万円 ●スキュワー:DT SWISS RWS 10 ALU MTB TITAN 100mm・135mm/φ5mm 1万円×2 ●ボト ルケージ:King Cage Titanium Cage 1万円×2 ※当時の商品名や価格が含まれます。

■フレーム価格:26万4000円
■カスタム費用:90万超
■総額:約120万円
※当時の商品名や価格が含まれます。

ニコー製作所

愛知県名古屋市北区駒止1-116 
tel 052-981-0170
営業時間:10:00~18:30、10:00~18:00(日)
定休日:水曜日、第3木曜日
http://www.niko758.com/

『自転車日和』『MTB日和』『折りたたみ自転車&スモールバイクシリーズ』ショップオリジナルのカスタム企画の再掲載につき、価格やスペックは掲載当時の情報となります。変更になることもありますので、最新情報は各ショップにお問い合わせください。

写真:谷瀬 弘 文:編集部

『自転車日和』vol.61(2022年5月発売)より抜粋

-カスタム, ロードバイク

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD