身長別 小径車試乗インプレッション(2021)Part.7

※『折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ2021』(2021年3月発売)より抜粋
2022版は3月31日発売予定です!

定番の折りたたみ自転車から、人と差がつくコアなスモールバイクまで。2021年モデルのバラエティー豊かな8モデルを一堂に集めました!身長だけでなく、乗り方やライフスタイルの志向も自転車選びの大切なポイントです。タイプの異なる3人のライダーのインプレッションを愛車決定の参考にしてみてください。

 

PATTO BIKE HUGA 20F

パットバイク ヒューガ 20F

「折りたたみ」らしからぬ自然で快適な走り
ブランド初となるダイヤモンドフレームの折りたたみモデル。長めのホイールベースや細部のパーツ構成が、幅広い人に安心と快適を提供する。今回のライダーも異口同音に「折りたたみ自転車とは思えない走り」を高く評価した。一方で折りたたみ手順の多さも指摘された。とはいえ、この走行性能と「スーツケースに収まる小ささ」が両立されることは驚きだ。

 

重量:10.5kg(ペダル除く)
フレーム素材:アルミ
タイヤインチ:20×1.10(28‐406)    
タイヤ幅(実測値):30mm
タイヤ銘柄:SCHWALBE ONE
変速:1×8
フロント歯数:56T
リア歯数:11-28T
ブレーキ種類:キャリパー
ハンドル幅:480mm
クランク長:170mm
F/Rディレイラー:SHIMANO CLARIS
ホイールベース(実測値):1035mm

価格:15万1800円(税込)
問:平和技術研究所
https://pattobike.com/

 

試乗したのはこちらの3人

サイクルハウスしぶや 高橋 航さん

身長:181cm
股下:84cm
腕の長さ:74cm

東京・葛飾区にある小径車専門店のスタッフ。スケートボードやBMXにも親しむ穏やかなストリート系。コロナ禍のリラックス法はYouTube番組「ザ・きんにくTV」を見ながら
のストレッチとのこと。

編集 トライジェットさん

身長:173cm
股下:80cm
腕の長さ:72cm

姉妹誌『自転車日和』&『MTB日和』では車体のほか、周辺アイテムのインプレッションも担当。コロナ禍、メインの通勤号を700Cのクロスバイクから16インチの小径車にチェンジ。おじいさん化が加速中。

石井 美穂さん

身長:153.5cm
股下:72cm
腕の長さ:64cm

車種問わず乗りこなすベテランだが、小柄な人や初心者にも寄り添うレビューは初心者も参考になるはず。最近はコロナ禍で時間の余裕が生まれ、横浜市で週末のみのカレーショップをオープンした。

 

乗車ポジションチェック

フレームもハンドル幅も、小柄な人でも無理がない。折りたたみであることを忘れさせる安定した走行を味わえるが、180cm台ではよりカジュアルなポジションになり「シートポストがもう5cmほしい」。

 

IMPRESSION

大:サイクルハウスしぶや 高橋 航さん

ダイヤモンドフレームをここまで小さく折りたたむギミックには脱帽。展開後、走行時の剛性感は「本当にこの自転車があんなに小さくなっていたのか?」と疑うほどです。乗車姿勢は違和感のないアップライトですが、欲を言えばもう少しサドルを高くできたらありがたいです。走行性能が高い反面、折りたたみの手順がやや多い印象があります。頻繁に折りたたむよりは、自走での自転車旅など、遠出の際の相棒として連れて行きたいモデルですね。

中:編集 トライジェット

一見すると折りたたみモデルには見えないオーセンティックなダイヤモンドフレームを持つヒューガ。走りも同様、一般的な折りたたみ車とは一線を画す、カッチリとした乗車フィーリングがいい持ち味として表現されています。剛性を保ちつつも、乗り味はしなやかでやさしく、ロングライド派が求める自転車旅のパートナーにもピッタリ。折りたたみの難度はS級で、お世辞にも簡単とはいえませんがその分、攻略するよろこびもオーナーだけの特権になる

小:石井美穂さん

つくりが精巧なためか、折りたたみなのに走りがとてもしっかりしています。持ったときの重量感に対し、走り始めがとても軽くて驚きました。自転車は走って軽い方が絶対に気持ちがいい。ハンドルの取り回しも自然で扱いやすく、ちょっとした遠出もできそうです。たいてい「要カスタム」となるサイズの私がノーマルで走って快適、ってなかなかすごい。力の弱い人もしっかり握れるブレーキで安心感がありますね。なんだか所有欲をそそるバイクです、

文:鈴木絢子 写真:奥村純一、村瀬達矢

-レビュー, 小径車
-

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD