【benelli miniFold16 DIRT】独創的なスペックでアウトドアシーンにマッチ

コンフォートな乗り味&遊び心をくすぐるスペック

マウンテンバイクタイプほか、さまざまなスタイルのEバイクをリリースするベネリ。そのラインアップへ加わったミニフォールド16ダートは、ユニークなフォルムを持つコンパクトな車体に、独創的なアイデアとオフロード走行に適した装備が追加された新感覚のモデルだ。

ルーツをイタリアの伝統あるモーターサイクルメーカーに持つベネリらしい、開発側のオリジナリティあふれるこだわりを車体の随所から感じとることができる。

従来のミニフォールドシリーズとの最大の違いは、エアボリューム満点のブロックタイヤ&サスペンションシステムといった、足まわりを構成するパーツのアッセンブルにある。クッション性に富んだコンフォートな乗り味を生み出すことで、Eバイクで論評されがちな高いフレーム剛性に起因する乗り味の硬さを解消。

アウトドアユースを含め、さまざまなシーンでその優位性を披露するモデルへと進化を遂げた。

電動アシストモーターはフロントホイールのハブ内部に搭載。フロントサスペンションと太めのブロックタイヤも本モデルの特徴的な装備だ。

アシストレベル(4段階)バッテリーの残量がひと目で分かるディスプレイと容易に操作できるコントローラーを一体化。フレンドリーな仕様に。

コンフォートな乗り心地を生むリアサスペンション。伸縮する大型のキャスターが折りたたみ時に安定性の高い自立をサポートする。

折りたたみサイズ
940×450×650mm

ベネリ ミニフォールド16 ダート
価格:19万4700円(税込)

SPEC
フレーム:アルミ
重量:19.5kg
変速:1×3speed
タイヤサイズ:16×2.25
バッテリー容量:5.2Ah
最大充電走行距離:57km

COLOR
デジタルカモフラージュ
マットブラック
ミリタリーグリーン

IMPRESSION

コンパクトかつユニークなルックスからは想像がつかない、タイヤが路面をつかむように力強くアシストしてくれるワイルドなフィーリングが印象的でした。

モーターをフロントホイールに搭載するモデルらしく、斜度がきつめの登り坂でも安定した走りを見せてくれます。

ペダリングによって駆動するリアタイヤと相まって、後輪駆動の電動アシスト車とはひと味違う2WD感覚を満喫できる点もこのモデルの魅力のひとつと言えるでしょう。

サスペンションは大きな入力に対応するものではなく、路面の継ぎ目や小さな段差を通過するのに有効と思われます。

問:プロト 車両事業部
tel 0566-36-0557
https://www.benellibike.jp/

 

インプレッション担当

編集トライジェット

小さいタイヤの自転車、大きなタイヤの自転車、電気の力で助けてくれる自転車まで、ペダルをまわす乗り物ならなんでもござれの本誌編集スタッフ。今号でも、楽しさ&気持ちよさ重視で試乗してまいります。

写真:村瀬 達矢
『自転車日和』vol.61(2021年5月発売)より抜粋

-レビュー, 小径車
-

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD