いまMTBを取り巻く環境と普及活動の関係性を知る『マウンテンバイカーズ白書』発売

レクリエーションのためのツールとして、スポーツや競技のツールとして、アウトドア派のサイクリストから注目されているマウンテンバイク。本書は、日本のマウンテンバイカーを取り巻く現在の環境について、野外フィールドの運営・維持に携わるエキスパートほか、多方面より情報を収集。持続可能なマウンテンバイクシーンを築くためのヒントが得られる1冊となっています。

〜持続的な生涯スポーツとしてのマウンテンバイク〜
土地の所有者、またトレイルをシェアし合うはずのハイカー、林業関係者との間でトラブルが起きるたび、「締め出し」の歴史を繰り返してきたマウンテンバイカー。
しかし近年、負の遺産を返上すべく立ち上がったローカル団体や事業者による活動が全国に広がっています。
マウンテンバイクで走れる持続可能なフィールドを実現する…… 彼らの思いと活動記録を1冊にまとめました。

目次
第1章
MTBの野外フィールド確保を目指す地域連携活動
(1)地域貢献を軸にフィールド確保を目指すマウンテンバイカーの活動団体
(2)地域活性化を通じたフィールド確保を志すガイドツアー事業
(3)地域に根差したMTB公共フィールドの維持・管理
MTB FIELD LIST

第2章
日本におけるマウンテンバイカーの歩みと現状
(1)MOUNTAINBIKE THEN & NOW
(2)マウンテンバイカーに関する各種データ
(3)日本のマウンテンバイカー一斉調査
(4)フィールドの維持管理に一役買うMTB関連組織の実績
(5)日本におけるMTB関連のメディア事情

第3章
地域と結びつくマウンテンバイカーの野外フィールド
(1)日本のマウンテンバイカーをめぐる社会状況と課題(平野悠一郎)
(2)マウンテンバイカーと野外フィールド

第4章
MTBの野外フィールド創りの技術とノウハウ
(1)日本の山岳・農山村地域での持続的なフィールドの作り方
(2)トレイルビルダーの世界とその技術
(3)MTBはこんなにも山や地域の役に立つ
(4)マウンテンバイカーによるフィールド整備について ~山での作業の安全管理の観点から~
(5)Soil Searchingと1% For Trails:スペシャライズド社の取り組み
(6)BELL BUILT JAPAN:MTBに関わる企業の役割

 

『マウンテンバイカーズ白書』
定価:3,080円(本体2,800円+税10%)
監修:平野悠一郎(森林総合研究所)
amazonで購入

-MTB, インフォメーション

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD