2020 フルサス E-MTB インプレッション part.2

欧州のそれとはひと味違う、独自のオフロードサイクリングカルチャーを背景に持つ日本のMTBシーン。当然、E-MTBが浸透する速度、そしてマウンテンバイカーたちの受け止め方も変わってきます。今回 は、日本でも徐々に普及しつつあるE-MTBの本質に迫るべく、ドライブユニットが異なる4台のフルサスモデルをピックアップ。E-MTBならではの魅力について再検証してみたいと思います。

最強のブランドが実現した魅力あふれるパッケージ

GIANT TRANCE E+ PRO

だれもが認める世界最大のスポーツバイクブランド、ジャイアント。

その持てる技術とネットワークを駆使することで、隙のないスペックに仕立てられたフルサスE―MTB、それがこのトランスE+プロだ。

6センサーテクノロジー搭載の新型モーターは、全域においてパワフルかつナチュラルなアシストフィールを提供してくれる。選択可能な4つのアシストモードを使いこなせば、あらゆるステージでライバルの追随を許さないアドバンテージを得られるはずだ。

そしてダウンチューブ内に収まる放熱性と耐衝撃性に優れたアルミケーシングケース仕様のパナソニック製バッテリーが最大トルク80Nmのパワーモードで75㎞の走行距離を実現し、長時間に及ぶライドもスマートにサポート。

ジャイアント独自のマエストロサスペンション機構を含め、それぞれの分野で最上級の称号を得たユニットが1台のE―MTBに集約され、かつてない走りの世界を実現した。

ジャイアントがヤマハと共同開発した最大トルク80Nm、最大ケイデンス170bpm仕様の新型モーター。6センサーテクノロジーを搭載。

シンプルかつスマートなコントローラー内蔵の操作レバーユニット。LEDライトでアシストモードとバッテリー残量をスタイリッシュに表示。

どんなシチュエーションでも完璧なトラクションが得られるジャイアントが培った独自のテクノロジー、マエストロサスペンション機構。


 

フレーム アルミ
サイズ S、M
重量 24.3kg(S)
フォーク FOX 36 FLOAT RHYTHEM(150mmトラベル)
リアユニット FOX FLOAT DPS PERFORMANCE EVO
変速 1×11speed
コンポーネント SHIMANO SLX ほか
タイヤ F/MAXXIS MINION DHF、 R/MAXXIS HIGHROLLERⅡ(27.5×2.6)
カラー カメレオンブルー
ドライブユニット GIANT SYNCDRIVE PRO
一充電走行距離 75~125km(4モード)

価格:58万円(税別)

問:ジャイアント
https://www.giant.co.jp/
 

テクニカルなフィールドで真価を発揮するコントロール性能

アシストうんぬん以前にジャイアントならではのリアサスペンション構造、マエストロシステムがすごくいいですね。

地面をやさしく、吸い付くように捉えてくれるため、リアにしっかりと、しっとりと乗れている感じがしました。

リアサスペンションのトラベル量は140mmの設定ですが、乗っている印象は数値以上のボリューム感で、荒れているテクニカルな路面でこそ、その秀逸さが発揮されます。

アシストの掛かり方はナチュラルで、ハイパワーモードであってもペダリングに対する収まりは悪くありません。

切り返したりする動きにはやや重さは感じますが、途中に木の根や石があるような路面の変化に富んだ、テクニカルな登りステージでもリアサスの上にきちんと乗っていけるので、フロント側さえそれなりにでも制御できれば、きれいに乗り越えていってくれるはずです。

今回、試乗したモデルはSサイズで、身長176cmの自分には少し小さめでしたが、バイクが前に出ようとする動きに対して抑えが効くため、その点ではむしろ楽しく乗れました。

乗っけられている感じがなく、自分の懐の中で扱えるサイズ感は案外、E-MTBに合っているのかもしれませんね。

クロスカントリーレース的な、速く走るための乗車ポジションにはなりませんが、ステアケースを超えるときなどはハンドルが近いところにあった方がコントロールしやすいし、イメージ通りに収められますから。
 

Profile

CSナカザワジム 店主 中沢 清さん
トレイルライドのパートナーとして、五輪2大会に出場したXCO女子日本代表の小田島梨絵さんをはじめ、多くのマウンテンバイカーをサポートしてきた中沢さん。この冬には、楽しくトレイルを走り安全&気持ちよく帰路につくノウハウやバイクセッティング(※ジャンプ、コーナリングテク云々ではありません)を凝縮したオリジナルのスクールをスタート予定。興味にある方はCSナカザワジムまで問い合わせを!

写真:村瀬達矢 文:トライジェット
『MTB日和』vol.43(2020年8月発売)より抜粋

- レビュー, MTB
-

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD