MTB的スタッフレポート「日本人の足にもフィットする快適シューズ」

弊誌スタッフのやってみたこと、試したことの実録レポート。「自転車日和」ならではの、バラエティに富んだトピックでお届けします。お茶のおともにでもしていただければ幸いでございます。
 

今回のメニュー

FLR F-70

以前はビンディングシューズばかり履いていたのですが、ここ数年はあえてフラット用をメインで使用、ペダリングの勉強をしておりました。で、久々に長年愛用してきたアディダスのハンマーを引っ張り出してみると……加水分解orz。新しいシューズが必要になった次第。

 

機能・価格・デザインetc すべてが丁度いい万能感

自転車関連のアイテムの中でも攻略するのが難しいアイテム筆頭、それがシューズ。サイズというよりもフィット感? 実際に身につけてみないとわからないという点で、難度ナンバーワンと名高いヘルメットに並ぶ強豪です。仮に爆安のセール品だったとしても、通販で購入するのはご法度。

しかしながら「どこで試着できるの?」と問われると返答ができないこのジレンマ。試着用シューズを用意しているショップは限られていますし、サイズがそろっているショップはさらに絞られてくるのですから。まずは気になる商品を販売するメーカーに問い合わせてみるところから、でしょうか?

さて今回、当方がこちらのシューズを選んだ理由、それは色。このネイビーブルーに一目惚れしたからです。高スペックに対してお得感たっぷりのプライスである上、カタログには「アジアンフィット適正の高いラスト」という記述。

早速、お仕事上の特権を行使、輸入元であるライトウェイさまから試着できるものを数サイズお借りして、その内の1足を購入させて頂いたのでした。なんかズルしたみたいでゴメンなさい。

 

FLR F-70

価格:1万4000円(税込) サイズ:38(23cm)~45(29)cm カラー:ブラック、ネイビーブルー、ネオンイエロー

問:ライトウェイプロダクツジャパン
tel 03-5950-6002
http://www.riteway-jp.com/

サイクリング以外にもランニング、サッカー、ボート競技などのスポーツシューズを手がけるFLR。直接、製品を手にして細かくチェックしましたが、クオリティの高さはなかなかのものです。

懸念していたサイズについてですが、普段履いているスニーカーのワンサイズ上のものを選んだところ、幅広甲高という典型的日本人足の当方にも問題なくフィット。いい感じであります。

使用感についてはもう少し距離を走ってから、また追ってお伝えしたいと思います。

 

編集 トライジェット

「暑い夏こそアツアツのラーメン」を信条としている当方ですが、立ち寄ったお店の限定麺が冷やし中華! 勢いまかせで注文してみました。たまには冷やいヤツもアリですねー。

『MTB日和』vol.47(2021年8月発売)より抜粋

- レビュー, MTB
-

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD