経年劣化と戦うスポーツおやぢの「朝サイ」記 その1

どうして「朝サイ」はじめたの?

モチベーションのひとつはフジヤマ……

人間、還暦を過ぎるとアチコチ経年劣化で、ポンコツになる。

腰が痛いだの、血圧が高いだの、痛風になっただの……。健康診断をしたら××だらけ、同年代同士の会話となると病気自慢に思えるぐらいの雰囲気だ。

とはいえ、先輩の自転車の師匠に言わせれば、「まだまだ若いな。もう少し加齢が進むと薬自慢になるんだ」だそうだ 。

まぁ、一般的には40歳を過ぎて、健康診断の要再検で病院に行ったら言われることは決まっている……「煙草をやめなさい、ダイエットしなさい、食生活に気をつけなさい、運動しなさい 」

「運動? ゴルフやってますけど?」と医師に言おうもんなら、「〇〇さん、あればゲームだ。プロ並みに練習すれば別だがね」なんて言われてしまう。

自分の場合は、20年以上前にそんなことを言われ、いつの間にか自転車に乗るだけでなく、スイムもランもするようになっている(笑)。

しかし、いくら運動していても、経年劣化で体力も落ちてくるし、アチコチ痛かったりするし、ちょっと酒を飲んだだけですぐに眠くなったりする。

さらに膀胱の伸縮性が無くなってきたせいか、世が白みかけた明け方にトイレに起きることもしばしばだ。酔っ払って早く寝たので朝は二度寝に陥ることもなく悶々として、明るくなってきたカーテンを眺めながら、ぼんやりと人生の残り時間を考える。

「この時間がもったいない……」

これが、「朝サイ」をはじめたキッカケだ。この年齢ならではの思考パータンだろうか?

自宅から3kmほど走れば荒川サイクリングロードがあったのが幸いだった。

早朝のピンク色に染まった富士山をはじめて見たときには、感動もさることながら、とても得した気分だった。

「早起きは三文の徳」とはまさにこれだな、と思いながら 清々しい気分になったことを覚えている。そんなこともキッカケとなり、朝サイ(クリング)なるものが始まった。

同じ場所でも、季節や時間によって見える景色がちがうし、趣も異なる。そんなことに気が付き、愛おしく思えるようになったのは、中年になってからだ。

若い頃は、花を見て綺麗だなとは思うことはあっても、愛おしいという感情は皆無だった。その頃は、オートバイに乗ってスピードを楽しみ、カッコよくコーナリングを決める方が優先順位が高かったのだ。

でも、いつからか「生きることは死ぬこと」なんて禅問答みたいなことを思い、「人間はいつか死ぬし自分も例外ではない」ということを悟った頃から、春の桜の美しい景色をみて、「この景色をあと何回楽しめるのだろう」と思い始め、にわかに花や景色が愛おしくなったのだと思う。

今では、マンションの窓から東の空を眺めて、「今日の富士山は最高かもしれない!」なんて感じると、寝起きで腰が痛くてやっとの思いでトイレに行ったことも忘れて、サイクルパンツとジャージに着替えてそそくさと出かけるのが常だ。

最近は、新型コロナの影響で夜の会食も皆無になり、早く寝て早く起きる(トシなので目覚めるが正しい)ので、カーテンを開けて雨でも降っていると落胆は著しいが……。

秋ヶ瀬公園手前から

早春の富士山

初夏の富士山

振り返ると朝焼けのさいたま市内

 

Profile 神田秀仁

還暦を数年前に過ぎた、スポーツおやぢ。
若い頃はオートバイに狂っていたが、自転車業界(Tommasini,Casati,Calamita)に関わり始めた30年以上前にMTBに乗り始め、20年ほど前からロードバイクに乗り始める。中年以降は、メタボ(脂質異常症)、脊柱管狭窄症、腰椎ヘルニア、アレルギー性喘息等を経験しながら、ダイエットにいそしむ。軽いノリでロードバイク、ラン、スイムを始め、2002年にトライアスロンに挑戦したが、溺れかけ、スイムがトラウマに。その後数年はデュアスロンとなり、奥武蔵を中心にサイクリングを楽しむように。気付けば80kg以上あった体重は、70kg前後に。トライアスロンも復活(宮古島・佐渡・Ironamnを経験)。

- 連載, ロードバイク

© 2020 TATSUMI PUBLISHING CO.,LTD